書けた!手紙

前記事、書けない手紙の続きです。
http://welina7979.hatenablog.com/entry/2016/06/02/034611

5/31日、火星が地球に最も近づいたといわれた日の空けた朝方。

とうとう手紙を書くことができました。

そもそも、母に手紙を書こう。
なんて思ったのも、この火星が影響していたのかもね。なんて。


なんで手紙を書こうと思ったんだっけか?

に戻って

どうして私が家を出たのか。をちゃんと説明してこなかったことに罪悪感を感じていたからだ。

ということを思い出した。


なので正直にその事についてと、
1人暮らしを始めてみての心境の変化を綴ってみた。


で、書いているうちに気付いたこと。

それは

私は愛され過ぎていた。

ということ。

愛され過ぎたが故に、息苦しくなって生きずらさを感じていた。

あんなにもたくさん愛してくれていた両親に対して、私が受け取れていなかった。

そう気がづいたら、

またもや涙が止まらない。


よく自分を愛する。とか
自分を大切にする。とか

いうけれど、

言ってることの意味は分かるけど

その感覚が分からなかった。


そんな簡単に自分を愛する。とか出来てたら苦労してないんじゃーーー!ボケ!


と叫びたくなくなった時もある。


でも、ここにきて両親の愛情を素直に感じられるようになったのは、

自分で自分を愛せるようになってきたからだとおもう
そんな自分を嬉しくおもう。


そしてもうひとつ。

『結婚』に対して。

今までもね、結婚したかったのよ。頭では。(←メッチャお金つかったしさー。)

でも、腹の底の方からの想いと、どうも一致していない違和感。

なんでかって、

結婚すれば、親から離れることができる。っていう『逃げ』だったんだよね。


1人暮らしをしてみて、

よく思うのは

ご飯が美味しく作れたとき

「これ、美味しいねー!」

って喜びを分かち合う人がいない。

なんか、つまんない。


ありがちな言葉だけど、

パートナーがいれば

喜びも哀しみも2倍になる。

子供が増えれば、

それは更に3倍にも4倍にも。

私の心が豊かになっていくんだな。と

思ったら

初めて

心の底から結婚したい。

って思えてきた。


親からの精神的な自立ってこうゆうことなんかなー?

ってちょっと思う、

今日この頃。