目に見えない商品を買うとは

昨日、インターネットで引っ越し見積りをやったら

今朝から引っ越し屋さんから電話がかかってくる、掛かってくる。


形の無い商品を買うとき

人は何を基準にするのか?

それはやっぱり

なんだな。と思った。


引っ越し見積りとか、

最初はあってないようなもので、

どんどん変わった。


3社から見積りとって

最初は1番お安いところで

と思ってみたが、

結局、最後の最にのりかえた。


何でかっていうと、

まぁ、

営業さんの熱意に押されたよね。


人によっちゃあ、シツコイ…。

と思う人もいるであろう営業トークは

私の心を動かしたのですよ。


うちは○○だから、この値段なんです。

絶対損はさせませんから!

ちょ、ちょっと待ってください。
上司に掛け合ってみます!!

と言って、

何度もチャレンジするその姿に。


彼が持っていたのは

商品への絶対的な自信

何としても仕事をとりたい一生懸命さ

それを伝える熱量

だよね。

そこまで熱意をもっていわれると、

何千円か高くなってもいいかな。

あなたの所でお願いします。

と思った。



私も形にならないものを商品として

売っている。

(私は安売りとかしないけど)

商品に対する自信

施術中の一生懸命さ

は絶対的に持っている。と自負している。

違うとすれば

それを伝える熱量

かな。


その辺はやっぱり大企業さん。

その技術と熱量を営業に

教育しておったなー(笑)

メモメモ...( ̄▽ ̄)b


というわけで営業です。

サロンメニューはこちら
サロンメニュー - 音叉とアロマを使う心と身体の調律師 絢子の セラピスト生活

8月から新メニュー導入します!

どんなメニューかお楽しみに。

モニター開始はまた後程で。